定期テストで点をとるには?【ワークは3周やろう!】つづき     【稲沢の個別指導塾】

query_builder 2022/02/07
ブログ


前回の続きです。

 

ワークは

 

①何も見ない,調べない,人にも聞かないで解く。(本番のテストを意識する)

②青ペンで○つけする(1ページずつなど,できるだけ分けて採点することがお薦め)

③間違えた問題の解説を読み込む。理解できない所は人に聞く。わかったらオレンジ色のペンで正答を書き込む

④赤下敷きを被せて,覚える(理解する)まで何回も繰返し見直す

 

という流れが勧めです。このサイクルを3周。ちゃんとやっていれば3周目は②の○つけで全部〇がついて終わるものと思います。

 

そのためにもっとも重要な過程が③

 

このときの保護者の方のお約束の台詞が

 

「わからないところは全部塾で聴いておいで」

 

簡単におっしゃっているかと思いますが,これ,子どもたちには結構ハードル高い指令です。

 

質問するというのは「先生との心の距離」「その子の特性」「学習への意欲」の3つが重要な要素です。

嫌いな先生には質問できません。先生と合わない時は子どもへの無理強いはやめておきましょう。

また,どうしても人に質問するのが苦手という人もいます。そういう時は保護者のサポートをお願いします

 

もう1つ言ってしまいがちなことは、「わからないところは全部塾で聴いておいで」

はさらにハードルが高い要求という話。

 

その要因としてあげられるのは

 

①先生との心の距離…先生と合わない時は無理強いはやめましょう

②子どもの特性…質問するのが苦手な人には保護者のサポートをお願いします

③学習への意欲

 

ここで注目していただきたいのは

 

②の保護者のサポートです。

 

子どもの特性に応じて,サポートの内容を変えましょう。子どもの特性を無視して強いサポートをし過ぎてしまうのは子どもの自立を妨げ,自分で考え行動しない子を育ててしまいます。

 

軽く苦手な人には,先生に連絡をして橋渡しするだけ。

 

人に話しかけるのがかなり苦手な人には,分からない問題を聞き取りし,その問題に付箋を貼り付けた上で先生に連絡をする(どうわからないかは自分の口で説明させましょう)

 

かなり苦手な人には,分からない問題の分からない部分の内容まで聞き取りし,先生に細かく連絡します。

 

最後の要因③「学習への意欲」

 

これが低いと,そもそも質問をしないか,質問の目的が別のものになります。

 

別のものとは

 

Ⅰ.先生とおしゃべりしたいから

Ⅱ.自分で考えるのが面倒なので楽したい(わかったつもりにつながりやすい)

Ⅲ.質問することで勉強している風(姿勢)をみせたい

 

こういう生徒は,結構います()


記事検索

NEW

  • 中学3年生 数学 ここは絶対抑えよう!【二次方程式】        【稲沢の個別指導塾】

    query_builder 2022/06/30
  • 中学3年生 数学 ここは絶対抑えよう!        【平方根、因数分解】【稲沢の個別指導塾】

    query_builder 2022/06/28
  • 中学2年生 数学 必ず覚えて起きたい単元【図形】  【稲沢の個別指導塾】

    query_builder 2022/06/23
  • 中学2年生 数学 必ず覚えて起きたい単元      【連立方程式】【稲沢の個別指導塾】

    query_builder 2022/06/21
  • 中学2年生 数学 必ず覚えて起きたい単元【1次関数】         【稲沢の個別指導塾】

    query_builder 2022/06/16

CATEGORY

ARCHIVE